2008年08月04日

富士登山へ


来週末に会社の同期と富士登山に行くことになりました。


果てしなく続く坂道、薄い酸素を想像するだけで息苦しくなりますが、
登頂できたときの達成感を想像すると・・・むふふ、アドレナリンがドピャーと出ますね。


「人生でやるべきことリスト」のひとつ、「富士登山」。
楽しみです。
posted by keisuke at 05:14| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

私の課題と韓国旅行

いやー、すっかり更新が滞ってしまいました。


5月いっぱいで以前のプロジェクトが終了し、間髪入れず6月から新しいプロジェクトに突っ込まれました。

この新しいプロジェクトが忙しくて忙しくて、、、
前のプロジェクトは信じられないぐらい暇々だったのに。(おっと、失言。)
仕事中にYahoo!のトップニュースを見ることもできない程忙しいのは、本当に久しぶりです。
そんなわけでブログの更新が滞ったわけです。




日々成長を感じられない暇々な仕事をしていると、自己学習ははかどるのですが、「このままでいいのか?」という焦燥感でなんとなく気持ちがすさんできます。

自己学習のための時間もとれないぐらい忙しい仕事をしていると、「おいおい、仕事に熱中しすぎて大切なものを犠牲にしていないかい、おれ?」という不安感で気持ちがすさんできます。


今自分に必要なものは、集中力とタイムマネジメント能力とバランス感覚と遊び心。


というわけで、今週末韓国に遊びに行ってきます。
焼肉食いまくりですドコモポイント


今自分に必要なものは、自制心と危機意識と実行力。
でもそれは来週からでいいや。




◎韓国(ソウル)のお勧め情報おまちしております♪
posted by keisuke at 21:11| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

引っ越しました


先週末に引越しました家

蒲田からちょっと動いて大井町です。

“品川区”という響きがいい感じです。




大井町って、知る人ぞ知る“便利タウン”らしいのですが、実際に住んでみて納得です。


とりあえず駅前に何でもそろってて、あちこちに出かける必要がありません。

 ・ヤマダ電機 LABI
 ・ユニクロ
 ・ロフト
 ・ZOFF(眼鏡屋さん)
 ・有隣堂(本屋)
 ・ゴルフ練習場
 ・スポーツジム
 ・スタバ
(↑僕の週末の行動パターンが完全に網羅されてる!!)


食品、日用品の買い物にも困りません。
 ・イトーヨーカドー
 ・西友
 ・成城石井



交通の便も最高です。
京浜東北線、りんかい線、東急大井町線が走っており、あちこちにピューピュー行けちゃいます。
バスも充実、羽田空港にも渋谷にも行けます。



そういうわけで、アクティブ派にも引きこもり派にも便利な大井町、今のところかなり気に入っています♪

みなさんも引越の際は、ぜひ候補に!!




posted by keisuke at 01:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

シンガポール食紀行

(4/24〜4/28のシンガポール旅行をご紹介)
  ※食に興味のない人は、この記事を読み飛ばしてください


大学生のとき以来、7年ぶりのシンガポール。
実は前回「この国には2度と来ないな。」と思いながら帰国しました。

というのも、その時は人生初のバックパッカー旅行で、タイ→マレーシア→シンガポールと南下してきたところでした。

先の2国で完全に「アジアの熱気&混沌」の虜になっていた自分は、街も人もすべてが「秩序」だっているシンガポールをいまひとつ好きになれなかったんですよね。
てか、受け入れられなかったというか、求めていなかったというか。



そんな「2度と来ないはず」はずだったシンガポールですが、兄夫婦が1月から住んでおりまして、様子見がてら行ってみるか、ということになって母親と共に行ってきたわけです。

現地人の案内つきということで、ツアーでは行けないような穴場的スポット(=レストラン)に行けるだろうと期待は膨らむ♪




<ここから旅の思い出たち(=食事)のご紹介>





crab.jpg
「Jumbo」のチリクラブ。
シンガポール名物でこういう食べ物があるって知らなかった。
お味は、辛いというよりも甘辛いといった感じでしょうか。
このカニ、スリランカ産らしいんだけど、なかなかうまいです。
上海蟹より蟹レベルは上ですね。
残ったタレを黒糖パンみたいなやつにつけて食べたんですが、これがまたうまい!!!!
必食。




chiken rice.JPG
「威南記鶏飯餐室」のチキンライス。中国名は「海南鶏飯」です。
これは日本でも好んでよく食べています。
このツルッとした食感と生姜&タレの絶妙のマッチにはまっちゃうんですよね。
また食べたくなってきた。
(日本で食べるならココで→海南鶏飯食堂


prawn.JPG
チキンライスと一緒に注文したエビを揚げたやつ。
これが大ヒット。
大ぶりなエビがたくさん入ってきますが、パクパクいけちゃいます。





long bar.JPG
ラッフルズホテル「ロングバー」のシンガポールスリング。
知る人ぞ知る、シンガポールスリングが生まれたのはこのお店なんです。
一種の観光名所ですね、ここは。
ここの落花生がひそかにヒット。






hokers0.JPG
レストランもいいですが、やはり一度はホーカーズで食事を!
シンガポールには、「ホーカーズ」と呼ばれる屋台街があります。
屋台街というよりも、でっかくて騒々しいフードコートといった感じでしょうか。
「ここは確かにアジアだ!」と再認識できます。
味はさておき、みんなで来ると楽しいです。


satay.JPG
ホーカーズのサテー。
味はさておき、楽しいです。


hokers.JPG
ホーカーズでは、気に入った料理をあちこちのお店から持ってこれます。
味はさておき、楽しいです。
屋外だったため、写真がいまいちです。
ここでシンガポール名物「ラクサ」も食べました。
ココナッツミルク好きにはたまりません。






bakute.JPG
これまた名物のバクテー(肉骨茶)です。
「茶」というわけではなく、骨付きばら肉や内臓を漢方薬のスープで煮込んだ鍋料理です。
肉を食らいたい人には最適ですが、意外とさっぱりしています。
現地のスーパーで「肉骨茶の素」みたいな粉末が売ってますが、これがなかなかいけました。





シャングリラホテル内の「The Line」というレストランがよい、という評判を聞きつけ、行ってみました。

line1.JPG

少々お値段は張りますが、世界中の料理を堪能できます。
海の幸も食い放題。
生牡蠣だって問題なし。


line3.JPG
さすがにマンゴーはなかったけど、デザートも充実しております。




今回は現地でも定番or評判のお店に連れて行ってもらいました。
記事中のお店名で検索してみれば一発で見つかるので、ぜひシンガポールへ行く際はチェックしてみてください。


なお、ちゃんと観光もしてきたのですが、どうしても食についてしか書く情熱が湧いてこなかったので省略しています。


要するに、僕的シンガポールのおススメは、

「食」

ってことです。
posted by keisuke at 03:31| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | シンガポール旅行2008春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

シンガポールへ


今週一週間はプロジェクトのフェーズの切れ目のため、休暇を頂いております。

で、今日から兄&お嫁さんが住んでいるシンガポールに遊びに行ってきます。(with 母親)


シンガポールは、学生のときのタイ→マレーシア→シンガポールの一人旅以来7年ぶりなので、どう変わっているのか楽しみです。

これまでは半分サバイバルの貧乏旅行ばかりしていたので、いつも出発前は緊張感と変な高揚感にかられていたのですが、今回のようにリラックスして海外に行くのもいいもんですねぇ♪


ほな、行ってきます♪
posted by keisuke at 11:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポール旅行2008春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

愛車との別れ

先日辛い別れがありました。
大学時代から使用していたバイクを手放しました。

日々の通学やバイト、そして夏の北海道ツーリングと、僕の大学生活そのものでした。

このタイミングで手放したことは英断だったと思うのですが、このなんとも切ない気持ちは何なんでしょう。



これからも物を大切に、そしてできれば一生付き合える物をそろえていきたいです。
もちろん、一生付き合える人たちはもっともっと大切にしなければ。


DSC02826.JPG
6年間ありがと〜。
posted by keisuke at 01:57| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

そうだ僕らも走っているんだ

飽きっぽいせいでしょう、スポーツの試合を最初から最後までTV観戦することはありません。

サッカー: ゴールシーンをダイジェストでよろしく。
野球: ピッチャー、早く投げろよ!あ、牽制球、、いらんし。
相撲:なんで取り組み時間より塩まいたりする時間が長いねん!はよ組めよ!!

スポーツファンにはぶっ飛ばされそうなこと書きましたが、そんな感じの僕なので、マラソンを最初から最後までTV観戦するなんてありえないのですが、、、
今日の名古屋国際女子マラソンはスタートからTVかじり付きでした。



お目当ては、追い詰められた高橋尚子がどんなパフォーマンスをするのか、、も当然あったのですが、

それ以上に中学の同級生、坂本直子選手の走りを見たかったから。
前大会に続いて五輪の切符を手にするのか、を注目していたからです。



忘れもしない4年前、何気なくTVをつけると聞いたことのある名前が何度も呼ばれている。
それはアテネ五輪の選考レース、大阪国際。
もしや、と思い選手の顔をよく見てみると、喋ったことはないけどいつも市や県の陸上大会で表彰されていた坂本さんじゃありませんかっ。

そのまま彼女はスパートをかけて、独走。優勝。そして五輪に出場!!

ゴールの瞬間、うれしさと興奮により心臓バクバクでガッツポーズをしたことを覚えています。(と同時に、「なぜ友達になっておかなかったんだ、おれ!」と後悔w)


あのとき走っていた人が、その後も走り続けていたということ、そして世界に羽ばたいていく様を目撃し、感動しました。
そして、世界に羽ばたく同級生がいる一方で、当時就活もせずに先の見えない資格試験の勉強の日々を送っていた自分。
「何やってんだ、おれ」という気持ちに胸を締め付けられました。


そして今回、

結果は、Qちゃんは惨敗、坂本選手は10位でした。
優勝したのは初マラソンで、坂本選手の天満屋の後輩の中村選手。

「勝負の世界の厳しさ」とかそんなある意味薄っぺらいものではなくて、
なんか色々考えさせられる結果でした。




で、終わろうと思ったんですが、この記事書きながら、こんな思いがムクムクとわいてきました。


「高橋尚子は逆風の中走り続けてきた。よく頑張った!」

「坂本直子だって怪我に泣かされながらも走り続けてきた。よく頑張った!」

そして、
「おれも実はこの4年間“走って”いたんだ!よく頑張った!」



どうやら、4年ぶりに見る同級生の走りに、この4年間の自分の軌跡を重ねていたようです。


坂本さん、これからもいろんな人たちの思いをのせて走ってください。
これからも“心の友”(←かなり片想いw)はあなたを応援しています(笑)



今回は、ちょっと青春チックなタイトルにしてみました。
内容も青春チックにチグハグしています。(←言い訳)



posted by keisuke at 22:27| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

兄の結婚

先週の話ですが、兄が結婚しました。

社内恋愛、5歳年下のお嫁さん、富士山の頂上でプロポーズと、なにやらオシャレなゴールインでした。



兄弟の結婚って、人それぞれ感じ方が違うと思うのですが、僕の場合は心から祝福する気持ちの一方で、ちと寂しさがありました。


こんな風に思いました、

(うちの父母、兄、僕を“第一次××家”として)
「あぁ、第一次××家はこれで解散なのか。兄貴は第二次××家を作り、自分もいつか別の第二次××家を作る、、みんな別々の道を歩むんだな。」


小学校を卒業して、一番仲のよかった友達と別々の中学にいくときのような、そんな気持ちに近いかもしれない。


僕が大学進学で上京したときから別々に暮らし始め、言うなれば既に別々の道を歩み始めていたわけですが、いまさらそんな気持ちになるのは不思議ですね。


と、こんなことを書いたら祝福していないように受け取られかねないので断っておきますが、僕はめちゃめちゃCelebrateしてますので。

「甥っ子や姪っ子はメッチャメッチャかわいい!」とみんなが言うので、ひそかに楽しみにしてますし♪
そして何より、両親が喜んでいるのがうれしいですね。



というわけで、一生に一度(しかないはずw)の兄弟の結婚の記念に、弟の赤裸々な気持ちを記してみました。

兄弟姉妹の結婚のときって、みんな同じような気持ちを抱くのでしょうか???



P.S. 結婚式は大盛り上がりで、かなり楽しいものでした。やっぱり結婚式は楽しいほうがいいね。
posted by keisuke at 23:39| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

『男子をドキッとさせる仕草ランキング』

ご存知の方も多いかもしれませんが、「All About」というサイトがお気に入りです。

どんなサイトかを一言で言えば、「その道のプロが我々に向けうんちくをたれる」というものです。

ただし“プロ”と言っても、評論家がえらそうに机上の空論を述べるのではなく、実務家が活きた情報・意見を提供しているので説得力&信憑性があります。

現に、コンサル業界のトピックをいつも読んでいるのですが、ちゃんと現場を知っている人間が書いているな、という印象です。



で、興味深いトピックがあったのでご紹介。
男性も女性も必見!?



<男子をドキッとさせる仕草ランキング>

1 足を組み変える
2 髪をかきあげる
3 上目遣いでこちらを見る
4 結んでいた髪を下ろす
5 ネクタイを直してくれる
6 歩いているとき、男性の服のすそをつかむ
7 服についたゴミなどをとってくれる
8 別れ際に手を振る
9 目をとじる
10 髪を結ぶ


詳細は:http://allabout.co.jp/fashion/posing/closeup/CU20080128A/index.htm?FM=rss


さて、男性諸君はどんな感想を持ったでしょうか?
このランキングを見ての僕の感想は、


「うん、うん!!わかるわかる!!」



「男ってほんま単純やな。。。みんなツボ一緒やんけ。。。」


個人的にベスト3を挙げるなら、
3,5,6でしょうか。
さぁ、これを読んだ男性諸君もベスト3をあげよう!!

女性の意見も聞いてみたい!



ちなみにこのトピックは、「魅せ方美人で印象度アップ!」という"高尚な"テーマのもと集計されたものです。
posted by keisuke at 01:08| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

友人の結婚式(※Van仲間は必読!)

最近まわりが結婚ムードに包まれております。
いわゆる「ラッシュ」の予感です。


更新が遅れてしまいましたが、2/2にバンクーバー留学時代のホームステイ仲間(新郎)が結婚しました。


新婦のお父さんはなかなかの頑固親父系だと聞いていましたが、当日はバージンロードでお父さんボロ泣きでした。
顔はくしゃくしゃで、肩をヒックヒックいわせていました。


扉が開いた瞬間からお父さん超ボロ泣きだったもんで、最初少々ウケてしまったんですが、(←ゴメンナサイ)
そこまで愛情を注いで育ててきたのだと思うと胸が熱くなりました。


タケちゃん・文代さん、お幸せに〜。




本人の了承を得ておりますので、写真をUPしま〜す。

takewedding.JPG
posted by keisuke at 23:22| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする