2010年07月15日

"ケイスケ"急増!?


前回に続いてサッカーネタです。

今年後半から「けいすけ」君が増えるそうです。
(情報元はコチラ


同じ名前の有名人と言えば、サザンの桑田佳祐ぐらいだったので、「やっと2人目が出てきたか。」という感じです。


実は本田とは「圭」の字がかぶっているので、今後は名前の漢字を説明するときに

「ケイスケのケイは、本田圭祐のケイです。」

で通じるぐらいに、彼にはさらに有名になってもらいたいもんです。



「土曜日の"土"を縦に2つ書いてケイ(圭)です。」

という説明はかっこ悪すぎます。。。



本田、がんばってくれ〜〜〜。

(偏屈キャラであんまり好きじゃないけど 笑)
posted by keisuke at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

サッカー日本代表から学んだこと


熱狂したサッカーワールドカップ、決勝戦はつい昨日だったというのに、まるで数ヶ月前のことのように感じます。

この調子では、半年後には、決勝戦の組み合わせがどこだったかも、あの騒々しいラッパみたいな楽器の名前(正解:ブブゼラ)も忘れてしまっていることでしょう。

いやいや、もしかしたら、4年後のワールドカップまでそれらを忘れてしまっていることさえ忘れているかもしれません。。。



社会人になってからというもの、時間がまさに飛んでいくかのようにあっという間に過ぎていきます。

そんなまるで新幹線に乗っているかのような生活の中で、その瞬間はものすごく感動したり、「ずっと忘れずにいたい」と思っていたことなのに、そんな気持ちになったこと自体を忘れてしまっていたりする自分にたまに気づき、本当に凹みます。


たとえブブゼラの名前を忘れてしまっても、日本代表を見ていて感じた「チームワークの清々しさ」や「チームワークの可能性」といったものはいつまでも忘れずにいたいです。

そして、今後の自分の価値基準のひとつにしていきたいテーマです。



・・・と、やはり忘れっぽい自分への備忘として記事にしてみました あせあせ(飛び散る汗)
posted by keisuke at 23:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

チャリンコ勢い買い

巷では自転車が流行っているらしい。

そういえば自転車通勤のビジネスマンを見かける機会が増えた。
朝の新橋の交差点なんて、「ここは北京か!?」と思うほど信号待ちの自転車通勤者が溢れている。

個人的にはスーツで自転車に乗るのはどうかと思うが、勝間効果か、彼ら(除:ママチャリ通勤者)がカッコよく(=仕事が出来る人のように)見えてしまう自分は単純だと思う。




チャリンコか〜〜〜。


運動不足だし、休みの日の移動ぐらいチャリンコにしたら少し健康増進&ダイエットになるかな〜〜〜。



なんて考えていたところに、折込チラシに自転車屋さん(お店:サイクルベースあさひ
)の広告が混ざっているのを発見。


なかなかカッコいいマウンテンバイクが3万円前後で売っている・・・。





ということで・・・、




ソッコーで買いに行きました。

P1000499.JPG




細かいことはわかりませんが、21段ギア、フロントサスペンション付き、アルミフレーム、、、なかなかのスペックな気がする。
これで29,800円。自転車ってこんなに安かったっけ?


これでぽっこりお腹ともお別れじゃ。ぐふふ。。。
posted by keisuke at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生存連絡

えー、すっかり間があいてしまいました。

あちこちから「たまには更新しろ!」というお叱りを受けておりましたが、年明けから仕事がモーレツに忙しく、ブログを更新する時間がありませんでした。

社会人になって基本的に自分は忙しい生活をおくってきたと思っていたのですが、これだけ深夜タクシー帰りと休日出勤が続くと、
「忙しくて時間がない」
という状態がどういうものか少し分かった気がします。


そんな僕も今日からGWですし、あまりの更新されなささに死亡説まで流れているということなので、久々に筆をとってみました。(←ブログでも「筆をとる」というのだろうか?)


こういう忙しい生活送りつつも、心身ともに健康、まるまると生育しております。
(髪の毛と鼻毛に白いものが混じり始めたことに少々へこんでいますが・・・)



とりあえず、

私、生きてます。



徐々に更新頻度を上げていきたいと思いまーす。

posted by keisuke at 07:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

インフルエンザの足音

現在のプロジェクトルームには、弊社と同業他社の約40名のコンサルタントが詰め込まれて日々業務をこなしております。

一人当たりの面積が狭いうえ、天井が低めの部屋なので酸素は薄め、労働環境はよろしくありません。


で、ついに最悪の事態が・・・


インフルエンザ発生。がく〜(落胆した顔)



3日前(水曜日)に、
「プロジェクトメンバーのXXさんがA型インフルに罹患しました。」
とのアナウンスメールが関係者に配信された。

XXさんは前日まで出勤していたとのこと。
おいおい、まさか・・・



翌日の木曜日、さらに2名の罹患報告。


で、本日金曜日、もう1名が罹患。



さすがにプロジェクトルームでのマスク着用が義務付けられました。



が、時すでに遅しの予感。

果たして週明けに何名倒れていることやら・・・




posted by keisuke at 23:31| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

ネットオークション


基本的に僕は、物持ちが良い、というか、物を捨てることができない人間です。


「いつかまた必要になるかもしれないし・・・。備えあれば憂いなし、でしょ。」

なんておばあちゃん的な思考の持ち主なのであります。


そんな僕ですが、さすがにクローゼットにかかりきれない衣類、本棚に入りきれない本たちに睡眠スペース浸食され始めては黙っていられません。
(※布団派なので、「物が増える」=「布団敷けない」なのです。死活問題なのです。)



ただ捨てるのも勿体ないので、

・もう着ないであろうコートやセーター
・もう読まないであろうビジネス本
・ここ1年以上使ってない電子機器、などなど

をネットオークションにまとめて出品したところ、トータルで17,000円ほどになりました!(ビジネス本2冊に買い手がつきませんでしたが。)


もちろん、購入時の価格を考えれば大暴落ですが、僕にとっての「時価」はゼロに等しい物ばかりなので、うれしい臨時収入です。



それから、手放してみて気づいたのですが、本当に必要なものだけに囲まれて暮らす"少数精鋭ライフ"もなかなかいいものです♪



これをきっかけに、定期的に「捨てられない男」から「仕分け人」に変身したいと思います猫



<補足>
インターネットの力は偉大なもので、ちゃんとオークションでは買い手がつきますし、びっくりするぐらい沢山の人が自分の商品を閲覧しています。(何人閲覧したかが出品者にはわかります)

でも、なんでもかんでも売れるわけではないので、「売れるかどうか」の見極めをしてからでないと単なる時間の無駄になります。

僕の経験上、電子機器や人気ブランドの服、バッグなんかはそれなりのお値段がついてくれます。
みなさんもぜひ〜。




posted by keisuke at 02:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

(11/3)同じ誕生日の有名人を探してみました

私ごとですが、明日誕生日です。

いよいよ20代最後の歳に突入しようとしているわけですが、10代の頃に自分が抱いていた29歳のイメージと比較して、あまりの幼さに愕然とします。

まぁ、ここは「子供心を忘れず、気持ちが若々しい」と前向きに考えることにしましょう。



ところで11/3ですが、明治天皇誕生日だったことは周知のことですが、
他にも誕生日の有名人がいるようです。



「ちょっとうれしいかも〜♪」の人たち
1521年 武田信玄(戦国武将)
1924年 山崎豊子(作家)
1928年 手塚治虫(漫画家)

いいじゃないっすか、武田信玄!
歴史好きにはうれしいですねぇ。
芸術家肌が多い!?



「へぇ、一緒だったんだ」の人たち
1964年 向井亜紀(タレント)
1975年 原口あきまさ(タレント)
1984年 錦戸亮(関ジャニ∞・タレント)

傾向が分からなくなってきました。



「び、微妙・・・」な人たち
1537年 足利義昭(室町幕府最後の将軍)
1964年 神取忍(女子プロレス)

すっかり傾向が分からなくなってしまいました。
足利義昭って微妙すぎるでしょ・・・
しかも神取って・・・



みなさんも同じ誕生日の有名人探してください☆(↓)
http://www.aoi.sakura.ne.jp/~suteki/b2/






posted by keisuke at 10:56| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

いまさら「おくりびと」

録画していた「おくりびと」をやっと観ることができました。


いろいろ考えさせられることが多かったのですが、とりあえず自分が死んだときは安物の棺おけでいいから、映画の中であったように綺麗に化粧してもらって、丁重に扱ってもらって送り出されたいなぁ、と思いました。



一言で映画の感想を述べるなら、「美しい」でしょうか。


もっくんの身のこなし、美しかった。

妻役の広末涼子、特に銭湯上がり姿、美しかった。ムフ。

そして、作品中の納棺師(山崎努&もっくん)のプロフェッショナリズム、、、これまた美しいんです。


あ、忘れそうになったけど、庄内の景色とチェロの音色も美しいですねぇ。



まだ観てない人にはぜひおすすめしたいです。




おくりびと [DVD]

posted by keisuke at 23:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

北海道旅行A 〜旭山動物園

前回の記事に続き、先週末に行った北海道旅行について書きます。

今回は旭山動物園をご紹介。



言わずと知れた大人気動物園の旭山。

どれぐらい人気があるかというと、旭川という僻地(旭川の方ごめんなさい)にありながら、上野動物園と入園者数はいい勝負らしいです。すごい!



zoo.jpg


ものすごく敷地が広いのかと思っていたんですが、実はそんなことはありません。

普通の動物園と同じぐらい、上野と比べると遥かに狭いです。





じゃあ何がそんなにすごいのかと言うと、



penguine.jpg


penguine2.jpg

ペンギンの「飛ぶ」姿が見れたり、






asika2.jpg


asika.jpg

アザラシが円柱状の通り道を駆け抜ける姿を見ることができます。




このように、展示してある動物の種類は至って普通なのですが、観察できる「角度」が斬新だと思いました。




そして、一番感動したのが、


wotan.jpg

オランウータン!



「もぐもぐタイム」という給餌の時間になると、飼育員によるウータンの生態等についての話が聞けます。(飼育員とウータンの絡みがなかなかおもしろい。)



すごいのは飼育員の話が終わってから。

ウータンが檻に立っている柱におもむろに登り始めます。

しばらくすると、子ウータンも母親の後をついて登り始める。

てっぺんで親ウータンが子ウータンを見守る様はなかなか微笑ましいものあります。



wotan2.jpg

子ウータン無事到着。




で、まさかの、、、




woan3.jpg

綱渡り!!!





wotan4.jpg

親ウータンは子ウータンが落ちないように、進み具合に合わせてちゃんと土台になってあげるんです。





wotan5.jpg

反対側に無事到着。

当然拍手喝采です。


彼らにとっては綱渡りなんてお手のものなので、ハラハラ感は全くないです。

ただただその綱渡りの鮮やかさと親子愛に、来園者のため息と歓声で辺りは溢れかえりました。


※なぜ渡るかというと、渡った先にエサがあることをウータンご存知のようです。
決して飼育員がムチ打って渡らせているわけではありません。


いやー、このオランウータンには感動しました。




kapibara.jpg  sarucouple.jpg


kitsunezaru.jpg  jaguar.jpg



全体的に、動物の説明書きなど動物園側の工夫が随所に見られ、動物との「距離」が非常に近く感じられました。

より野生に近い形で、動物のポテンシャル(というか、本来の能力ですね)を垣間見ることができるのが人気の秘訣なんだと思います。



と感心するとともに、他の動物園は檻に動物を詰め込んで「はい、どうぞ見てください。」ではなく、もっと工夫をすべきだと思いました。



旭山に触発されて、どんどん魅力的な動物園が現れることを期待します。



<まとめ>
すでに会社の同僚数人に質問されたのですが、
「旭山動物園に行っておくべき?」
と聞かれたら僕はこう答えます。



・動物園だけのためにわざわざ北海道に行くほどではない。
・でも、北海道に行く際は必ずコースに含めたい。


というわけで、

「北海道のグルメ&旭山動物園」で今すぐ北海道に行くべし!!!



posted by keisuke at 23:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

北海道旅行@

1泊2日で北海道旅行に行ってきました。


北海道は学生時代にバイクツーリングでグルグル周ったことがあり、通算4度目になります。


なので、主要な観光地はすっ飛ばして、テーマを絞った短期集中旅行にしました。

旅行の概要はこんな感じです。(↓)



【旅の目的】
@ 旭山動物園(まだ行ったことなし)
A 食
B きれいな景色



【ルート】
1日目: 新千歳空港in → 札幌(昼食) → 富良野(宿泊)
2日目: 富良野 → 美瑛 → 旭山動物園 → 旭川空港out







朝一便で新千歳に到着するや、レンタカーで絶品ランチを求め一路札幌へ。


目的地は中央卸売市場にある「鮨の魚政」。

やっぱり北海道は寿司でしょ、ウニでしょ!!


店に到着したのは11時、鼻息荒く入店すると、すでにネタ切れとのこと。。。

たしかにガラスケースには数切れしかネタがない・・・



あまりの厳しい現実に打ちひしがれつつも、しょんぼりしててもしょうがないので、ガイドブックに載っていた海鮮丼がうまいというお店に目的地変更。


訪れたのは、


unidon0.jpg
「味の二幸」





unidon.jpg
ウニ・いくら・サーモン丼(大盛り、4000円)を注文。
さすがにお値段はしますが、食っても食ってもウニが出てきます!
ものすごい量です。
味も絶品。
さすが札幌だ!




札幌から富良野への移動は大雨のため大変でした。


満天の星空を求めて富良野のペンションに宿泊を決めたのですが、星どころじゃなかったです。




予報は雨だったのですが、2日目は幸運にも晴天。


僕が北海道でも1、2を争うほど好きな場所、美瑛に立ち寄りました。


biei.jpg



nanohanalike.jpg

夏の美瑛は花や緑がきれいで本当にすばらしいのですが、秋もきれいなんですね。

それから、ここに吹く風はいつ来てもさわやかで好きです。



十勝岳近くは紅葉もいい感じでした。
当たり前ですが、紅葉はやっぱり北から始まるんだな、と実感しました。


momiji.jpg
ジョニー・デップです。



富良野から旭川は1時間ほどで着きます。

動物園は次回紹介するとして、





北海道最後の食事は、やっぱりコレ。



jingisukan2.jpg



ジンギスカンですよね。

旭川ではこの「大黒屋」さん有名らしいです。


jingisukan.jpg


ジンギスカン(ラム)は臭くてだめ、という人が多いですが、僕は逆にあの匂いが好きなんですよね。

「肉食ってる」って感じがいいですよねぇ。(笑)



煙もくもくの中で、ものすごい勢いで食べて旭川空港へ。

煙&ニンニク&肉のかなりナイスなニオイを発して搭乗した迷惑な客は私です。。。


北海道は移動が楽(道が混まない、信号がない)なので、以外と短い日程でもいろいろ周れます。

今回のルートなんて土・日でも行けちゃうのでおススメですよ〜。


(次回、動物園を紹介しまーす)
posted by keisuke at 23:55| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする