2009年07月05日

BBQとガンダム@お台場潮風公園

夏といえばBBQとビールでしょ!!ってことで、お台場の潮風公園のBBQ場に行ってきました。


ここは機材も具材も全てお任せ、お酒は売店で買えるので基本手ぶらでOKです。楽チン楽チン♪(※でも完全予約制ですよー)



P1000399aa.JPG


肉が半生だったり、焦げすぎたり、、ということはありつつも、やっぱり屋外での食事はうまい!!
海をバックにBBQって最高です。




そして、、、



本日のメインディッシュは、、、




「モビルスーツ!!!」




そう、今潮風公園にはこいつがいます!!!




P1000397aa.JPG




P1000398aa.JPG




いやー、我らがガンダム、すごい人気ですね。

一日中、人だかりがなくなることはありませんでした。
みんな写真撮りまくり。



いやー、感動しました。
かっこいいです。



でも、突風が吹いたら倒れないかちょっと心配になりました。
posted by keisuke at 23:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

パブリックビューイング

先月のタクシー帰りの日々が嘘のように、最近早く退社できています。

今日も19時に退社し、足取りも軽やかに新橋駅に向かっていると、SL広場で人だかりが。



なんだなんだ?
今日日本代表(←サッカー)の試合なんてあったっけ??

いや、サッカーにしては群衆の年齢層が高い・・・



P1000390_1.jpg




な、なんと、将棋でした!!!!

名人戦の第7戦(←プロ野球の日本シリーズの第7戦みたいなもんらしい)だとかで、盛り上がっていたようです。

みんな真剣な顔で解説者のコメントに聞き入ってる。
将棋ってまだこれほどコアなファンがいたのか!!!
てか、将棋のパブリックビューイングが成立する新橋ってすげー!!



とても地味な、地味すぎる光景でしたが、何やら自分だけの宝物を見つけたかのような幸せな気持ちになってしまいました♪

世間にはまだまだ知らないこと、面白いことが溢れていますね。

たまには早く帰るのもいいもんです。


真夜中の新橋もそれはそれで味わい深いものがありますが・・・




posted by keisuke at 03:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

鼻水垂らして泣きました「余命1ヶ月の花嫁」

カフェの端っこで、でかい体の男が泣きながら鼻水垂らして読書していたら、どんなに気持ち悪いだろうか・・・

すみません、それは私です。。。



「余命1ヶ月の花嫁」を読みました。

読み始めは、

「かわいそうだな。」

とか

「若年性乳がんってこわいな。」

ぐらいの感想だったのですが、



後半に進むにつれて、病床での千恵さん(主人公)の気持ちは言うまでもなく、

 ・彼女に余命1ヶ月であることを伝えるべきか悩む彼の気持ち

 ・結婚式をしているときの、そこにいる各人の気持ち

 ・娘の死後独りぼっちになるお父さんの姿

を想像すると、こっちの胸まで張り裂けそうになり、涙が止まりませんでした。



ほんとにたくさんのメッセージが詰まった実話なので、ぜひみなさんも読んでください!

この週末から映画も上映されてます。(絶対観ます!)




ガンを発症してからの千恵さんや周りの人たちの生き方は、言葉が適切かはわかりませんが、感動的です。

でも、死が判明してから、一生懸命生きたって、もう遅いんですよね。
今、この元気なときにこそ一日一日を一生懸命生きて、そして大切な人たちとの時間を大事にしないと。


千恵さんが伝えたかったメッセージは、きっとそういうことなんだと思います。







posted by keisuke at 22:30| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

ミュージカル『アニー』

G.W.の締めに(まぁ、締めるほど特別なことはしなかったわけだが)、ミュージカル『アニー』を鑑賞してきました。


こんなこと書くと、まるでしょっちゅうミュージカルなど芸術を興じる文化人のようだけど、ミュージカル鑑賞歴は、

@NYで観た『オペラ座の怪人』 (←NYに行った記念に。単なるミーハー。)

A劇団四季の『ライオンキング』 (←超有名作品だから観ておかなきゃ、ってことで。これまたミーハーですな。)

てなもんです。



今回もさかのぼること約3週間前、たまたまTVでやってたアニー役のオーディションのドキュメンタリー番組(←もちろんミュージカルの宣伝が目的)を観て、子供達の飛びぬけた才能と熱意に心を打たれ、ソッコーでチケットを予約してしまった次第です。

そう、番組制作側の思う壺ですな・・・




そんなこんなで鑑賞してみて、


<感想>
・アニー役の子の歌声がすばらしい!!小さい体のどこからあんな声が!!子供ってすごい!!

・ミュージカル全体としての完成度はやっぱり劇団四季に軍配!(そりゃ大人中心だしね)

・松方弘樹って歌う上手いんや〜〜と感心してたら、弟の目黒祐樹だった。松方さん兄弟いたんや。



チケット8000円もしたので、「もう一回行こう」とは思いませんが、あの歌声は一度ぐらいは聞いてもいいかも♪
posted by keisuke at 22:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

今さら三国志がマイブーム

今年のGWはかなりインドア派な過ごし方をしております。

布団干したり、冬物セーターを洗濯したり、昼寝したり、、、

でも、さすがに丸2日家から一歩も出ないのもまずい!ということで、映画を観てきました。



で、観てきた映画は、

『レッドクリフ PartU』
公式HPはこちら


ストーリーはというと、三国史で登場する「赤壁の戦い」を扱っています。


「レッドクリフ」=赤壁 ってか!
タイトルおもいっきり直訳ですね。
もう少し工夫してもよかったのでは、と思うのですが、まぁいいや。



結論から言うと、三国志ファンは言うまでもなく、三国志を知らない人でも、ついでにパートTを観ていない人でも十分に満足できる内容だと思います。


個人的におすすめポイントを挙げておくと、、、


【おすすめポイント@】 映像のスケールが半端じゃない!
人の数、馬の数、飛び交う矢の数、死体の数、何から何までとりあえずとんでもないスケールです!!
これでもか!!っていうほど戦闘シーンがあります。
おもしろいように矢がプスプス刺さります。
(※でもそんなに残酷な感じはしませんのでご安心を)
とりあえず、さすが中国!!って感じです。


【おすすめポイントA】 主演女優が半端じゃない!!
小喬役の台湾人女優のリン・チーリンがほんとにほんとに美しい!
男性客のため息と生唾を飲み込む音が聞こえてくるほどでした。
彼女なしでは、この映画は成立しません!!
すごく若い女優さんかと思いきや、34歳らしい!どんな魔術を使ってるんですか!!!



ストーリーのきめ細かさみたいなものは期待しないでください。

スケールの大きな映像に満足してください!!

そして生唾ゴックンしてください!!





【おまけ】
鑑賞後、単純な僕は三国志熱に冒され、吉川英治氏の「三国志」全8巻をネットで購入してしまいました。。。

よく考えてみたら、日本が稲作だ、卑弥呼だ、っていう時に、お隣の中国ではあんなことが起こっていたわけですよ!

不思議ですね〜〜ロマンですね〜〜。

早く本到着しないかなぁ〜〜。
posted by keisuke at 23:23| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

親友の結婚式

2/14、大学時代の大親友の結婚式に参加してきました。

若かりし頃に一緒に遊んでいた友人が結婚するというのは、なかなかピンとこないものです。
いつも「あいつがホントに結婚すんの??」なんて不思議な気持ちで式場に向かうのですが、今回は大親友ということで尚更な感じでした。



結婚式は讃美歌などがない簡素な形式だったのですが、わけわかんない歌をうたわされるよりも却っていいなぁ、と思いました。
外国人牧師の片言日本語にはやはり抵抗感がありますが。



僕は後ろの方に座っていたので見えなかったのですが、新婦父が花嫁の手をとって新郎に渡す場面で、どうやら新婦父かなり緊張していたようで、間違って新郎の手をとって新婦に渡そうとしてしまったようです。
新郎さぞ焦ったことでしょう。(笑)
それともささやかな、新婦父の最後の抵抗だったのでしょうか。



披露宴でのテーブルスピーチを頼まれていたこともあり、ここ1か月ほどよく彼との学生時代の思い出を回想しました。

いくら考えても浮かんでくるのは、よく朝までマージャンをしたこと、各種(寿司・焼き肉などなど)食い放題を原チャリ/バイクでめぐっていたこと、試験前日の一夜漬け学習をガストに籠ってやったこと。

彼とは大学4年間多くの時間をともに過ごし、インド・ネパール旅行に一緒に行ったりもしましたが、思い出として浮かんでくるのは、平凡で日常的なものばかり。
思い出って、もしかしたらこうした平凡で日常的なこととの積み重ねでシンプルなものなのかもしれません。


イメージ的には野球のキャッチャーな彼は、いつも僕の暴投を受け止めてくれました。(僕のくっだらない話に耳を傾け、突飛な行動を理解してくれてた、ってことです)
彼がいなかったら、僕は押し出し4ボールの連続で、とっくにゲームセットしてたかもしれません。

そんな気持ちを持っていただけに、テーブルに置かれたメッセージに、
「あなたに一番影響を受け、励まされました。・・・これからも走り続けてくれ、おれも走り続けます。」
と書かれていてグッときました。


新婦から両親へのメッセージが非常に感動的で、新郎父&新郎の締めの挨拶がこれまた気持ちが入った立派なものでした。
そんな感じで、感動しっ放しで素晴らしい披露宴でした。



結婚式ってご祝儀が結構つらかったりするのですが、これだけ感動的な
シーンがあるんなら納得です。
いやー、いい結婚式&披露宴でした。



(幹事をやった2次会については、次回の記事で。)
posted by keisuke at 09:08| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

土と餃子と結婚ラッシュ

大学時代の友人4人と栃木県の益子へ旅行。

メンバーのうち一人が来年2月に結婚予定で、「結婚したら友達同士で旅行にいけなくなるから。」ということで「最後の旅行」が急遽企画され実施に至った次第です。

もっとも、結婚しても友達と旅行にガンガン行きそうな人達ばかりなので、これが最後だとは到底思えませんが。。。




益子といえば「益子焼」。

ということで、巷や貴乃花の間で密かにブームらしい陶芸を体験してきました。


Mashiko.jpg


ふむ、土のヌンメリ感とヒンヤリ感が心地よい。

そして、まるで生き物のように伸びたり、曲がったりするのがおもしろいではないか!




テレビで見てると素人がグニャリグニャリさせていて難しそうですが、意外とうまくできるものです。


tougei.jpg
僕が作った作品たち。
(※一輪挿しだけは先生が作ってくれました。さすがです。)


早く自分が作ったビアカップでグビッとやりたいですなぁ!(出来上がりは2月下旬の予定)






せっかく益子まで行ったので、宇都宮まで足を伸ばして宇都宮餃子を初体験。

「餃子タウン」として名高い蒲田の元住民として、宇都宮と蒲田どちらが上かジャッジする日を心待ちにしていました。


人気店『みんみん』に行ってみた。

minmin.jpg    gyoza.jpg



ふむ、うまい。


うまいよ。


でも、、、


わざわざ宇都宮まで行くほどのもんですかぁ?



結論: 味は引き分け。でも距離の問題で、蒲田の圧勝。
(なお、ここで言う「蒲田」は、『歓迎』と『金春』の餃子を想定)






そんな「初体験」尽くしの“最後の”旅行でした。


でも願わくば、みんなには“理解のある”旦那さん、奥さんをもらって頂き、おっさん・おばさんになってもこういう旅行をしたいもんだ。



そして、この旅行中に、僕以外の他の3人も来年結婚することが判明しました。


そんな「2009年、超結婚ラッシュ」の確信とともに2008年は去っていきました。

posted by keisuke at 23:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

夜景の見えるトイレ

オススメのバーを紹介します。

とは言っても、オススメは料理やお酒ではありません。

トイレです。



ペニンシュラ東京の最上階24階にあるダイニングバー「Peter」。

ここのトイレでは、贅沢なひと時を過ごすことができます。

東京の夜景を見ながら、すっきりしちゃってください。

ペニンシュラ2.JPG     ペニンシュラ1.JPG


※この記事ではトイレにフォーカスしましたが、バーもかなりいい雰囲気です。
男性諸君、"ここ一番"デートにつかってください!!
(今回私はトイレをお借りしただけですが・・・)
posted by keisuke at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

落選

トホホ、落選しました。

初マラソンは来年のホノルルに持ち越しですかね。。。


(以下、メールを添付)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
XXXケイスケ 様
受付番号:XXXXX

このたびは東京マラソンにご応募いただき誠にありがとうございました。
お陰様をもちまして定員を大幅に上回る申込があり厳正なる抽選を行いました
ところ、誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。
今後、参加料の未入金者が多かった場合には、追加当選者を出すことがございます。
その場合、12月中旬頃に再度『東京マラソン追加当選のお知らせ』にて通知させて
いただく予定です。
つきましては、下記に記載される『追加抽選のスケジュールについて』を
ご一読ください。なお、追加当選の状況に関する問い合わせには対応できません。
また、追加当選に該当しなかった方には再度の通知はお出ししませんので、
何卒ご了承ください
posted by keisuke at 02:13| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

社外研修@青山

今日からプロジェクト現場をしばし離れ、10日間社外研修です。


研修先の日本オラクル社、すばらしい立地&建物です。
外苑前の駅から直結、ビルはピカピカ。
ビルの1階のレクサスのギャラリーが高級感を引き立てていますねぇ。

部屋の窓からは秩父宮ラグビー場が丸見え、神宮球場も見えます。
芝生がめちゃめちゃキレイです♪
そうそう、受付のおねーさんもべっぴんさんでGoodGood。



講義は毎日17時半までなので、今日は18時台に帰宅してしまいました。
しかも本屋で立ち読みがっつりしたのに。

いやー、会社のお金で勉強させてもらった上に、お給料もらえるなんて最高です。

今度天気がいい日に、表参道をフラフラ散歩して帰ろっと。
posted by keisuke at 23:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

プロジェクト打ち上げ@「叙々苑 游玄亭」

超多忙だったプロジェクトが終了しました。

特に最後の2週間はタクシー帰りの日々で、お腹一杯仕事させていただきました。ゲフッ。



夜はプロジェクトの打ち上げ。

行ってきました、念願の「叙々苑 游玄亭」 ドコモポイント



<感想>
・店の雰囲気・・・あんまりオシャレじゃない。騒がしいってことはないけど、デートには使えないかも。

・お味・・・やっぱうまい☆ええ肉作ってます。上ロースもうまいけど、ただのロースでも十分うまい!

・お値段・・・意外と高くないかも。男3人で腹いっぱい食べて一人\10,000円。ひとり\30,000ぐらいするもんだと思ってた。



てなわけで、結論:

「純粋に美味しい肉を食いたいときには◎。でもデートのときは△。」



給料日の後とか、特に仕事がんばったご褒美に、って時にまた行きたいですねー。

ま、会社のお金で食べるのが一番ですが(笑)


じょじょえん.JPG
posted by keisuke at 23:59| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

富士登山のご報告

すでに1週間たってしまいましたが、富士山登山のご報告。


会社の同期男4人(標準2名、メタボ2名)で登ってきました。
僕がどちらに含まれるかはご想像にお任せします。



当日の朝8時に新宿に集合。
標準2名がちゃっかり登山靴を履いていやがる。しまった、出し抜かれた!!
実は、1週間前にアウトレットモールに登山用品の買出しに行ったのですが、標準2名は「おれたちゃ別にいいや。」的な感じで来なかった。
くそう、奴らヤミ練してたのか。
よりによってメタボ2名がスニーカー、、なんか心配。



高速バスで富士山5合目(河口湖口、標高約2300M)に到着。


5合目で驚いたこと;
@人多っ!!
A外国人多っ!!!!



いやー、ほんと人が多いんです。
コンサート会場の開場待ちって感じでしょうか。

そして外国人が多い!!!
本当に1/3以上は外国人です。
ヨーロッパ系から南米系、アジア系まで幅広い!

結構ツアー客も多かったです。


「富士山って人気者だったんだ。」と実感。





いざ登山開始。

行列0.JPG
渋滞してます(笑)
ここはまだ6合目。





行列.JPG
大渋滞。
7合目になると本格的な登山になります。
心臓が1/4ぐらい破れました。





ご来光を拝むため、この日は7合目の山小屋にご宿泊。





koya.bmp
「山小屋」とはよく言ったものです。
本当に小屋です。




宿.JPG
泊まってみてびっくり。
山の世界では常識らしいのですが、なんと、ひとつの布団を2人でシェアするんです!!
しかもその布団はシングルサイズ未満!
宿の従業員にその旨告げられたときは、一同ポカーーン。
ま、マジかよ・・・(゜▽゜;)

ぶつぶつ言っても仕方がないので、夜の山頂アタックに備えて横になる。

同期との距離は一気に縮まる。。。

狭くて眠れない。。。




日の出はAM5時、8合目以降はさらに渋滞するとのことで、逆算してPM9時に宿を出発。





ここから山頂にAM3時にたどり着くまで、そりゃーハードでした。
何がつらいって、睡眠不足がつらい!!
しかも寒い!

登山道は、「道」なんてものはほとんどなく、「崖登り」といった感じでした。

崖登り・・・「崖の上のポニョ」・・・誰がポニョやねん。


そんなわけで、残りの心臓3/4も破れました。





辺りが暗かったせいか、山頂に着いてもあまり実感なし。

山頂は本当に寒く、体感気温は氷点下です。
噂には聞いていましたが、スキーの格好でちょうどいい感じです。




ガタガタプルプル、山頂で待つこと2時間。




ご来光.JPG
ついに待ちに待ったご来光!!
が、これがピークで、その後は霧の中へ。。。

でも、この一瞬の朝日でこれまでの全ての苦労はふっ飛んだ。



夜は明け、いざ下山道へ。



ここで、この富士登山一番の感動の光景が。




雲海.JPG


雲海2.JPG
眼下に広がる雲海が本当にすばらしい。

「こんなすごい世界があるんだ。」という思いと、

「ここまで自分は来れたんだ!」という達成感が全身にみなぎる。









下山道は登山道よりも遥かに楽チンで、3〜4時間ほどで一気に下山。




goal.JPG
下山して記念写真をパチリ。(みんな顔出しOKですよね?)
顔は余裕ですが、みんな足はプルプルしてます(笑)




どうなることかと思っていた富士登山ですが、本当に行ってよかった!

やっぱり一生に一度は登っておくことをおススメします!
仲間と、恋人と、ぜひ登ってください。(でも喧嘩しないように。。。)


この後の温泉&ビールは最高でした!
posted by keisuke at 08:12| 東京 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

富士登山へ


来週末に会社の同期と富士登山に行くことになりました。


果てしなく続く坂道、薄い酸素を想像するだけで息苦しくなりますが、
登頂できたときの達成感を想像すると・・・むふふ、アドレナリンがドピャーと出ますね。


「人生でやるべきことリスト」のひとつ、「富士登山」。
楽しみです。
posted by keisuke at 05:14| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

私の課題と韓国旅行

いやー、すっかり更新が滞ってしまいました。


5月いっぱいで以前のプロジェクトが終了し、間髪入れず6月から新しいプロジェクトに突っ込まれました。

この新しいプロジェクトが忙しくて忙しくて、、、
前のプロジェクトは信じられないぐらい暇々だったのに。(おっと、失言。)
仕事中にYahoo!のトップニュースを見ることもできない程忙しいのは、本当に久しぶりです。
そんなわけでブログの更新が滞ったわけです。




日々成長を感じられない暇々な仕事をしていると、自己学習ははかどるのですが、「このままでいいのか?」という焦燥感でなんとなく気持ちがすさんできます。

自己学習のための時間もとれないぐらい忙しい仕事をしていると、「おいおい、仕事に熱中しすぎて大切なものを犠牲にしていないかい、おれ?」という不安感で気持ちがすさんできます。


今自分に必要なものは、集中力とタイムマネジメント能力とバランス感覚と遊び心。


というわけで、今週末韓国に遊びに行ってきます。
焼肉食いまくりですドコモポイント


今自分に必要なものは、自制心と危機意識と実行力。
でもそれは来週からでいいや。




◎韓国(ソウル)のお勧め情報おまちしております♪
posted by keisuke at 21:11| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

引っ越しました


先週末に引越しました家

蒲田からちょっと動いて大井町です。

“品川区”という響きがいい感じです。




大井町って、知る人ぞ知る“便利タウン”らしいのですが、実際に住んでみて納得です。


とりあえず駅前に何でもそろってて、あちこちに出かける必要がありません。

 ・ヤマダ電機 LABI
 ・ユニクロ
 ・ロフト
 ・ZOFF(眼鏡屋さん)
 ・有隣堂(本屋)
 ・ゴルフ練習場
 ・スポーツジム
 ・スタバ
(↑僕の週末の行動パターンが完全に網羅されてる!!)


食品、日用品の買い物にも困りません。
 ・イトーヨーカドー
 ・西友
 ・成城石井



交通の便も最高です。
京浜東北線、りんかい線、東急大井町線が走っており、あちこちにピューピュー行けちゃいます。
バスも充実、羽田空港にも渋谷にも行けます。



そういうわけで、アクティブ派にも引きこもり派にも便利な大井町、今のところかなり気に入っています♪

みなさんも引越の際は、ぜひ候補に!!




posted by keisuke at 01:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

愛車との別れ

先日辛い別れがありました。
大学時代から使用していたバイクを手放しました。

日々の通学やバイト、そして夏の北海道ツーリングと、僕の大学生活そのものでした。

このタイミングで手放したことは英断だったと思うのですが、このなんとも切ない気持ちは何なんでしょう。



これからも物を大切に、そしてできれば一生付き合える物をそろえていきたいです。
もちろん、一生付き合える人たちはもっともっと大切にしなければ。


DSC02826.JPG
6年間ありがと〜。
posted by keisuke at 01:57| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

そうだ僕らも走っているんだ

飽きっぽいせいでしょう、スポーツの試合を最初から最後までTV観戦することはありません。

サッカー: ゴールシーンをダイジェストでよろしく。
野球: ピッチャー、早く投げろよ!あ、牽制球、、いらんし。
相撲:なんで取り組み時間より塩まいたりする時間が長いねん!はよ組めよ!!

スポーツファンにはぶっ飛ばされそうなこと書きましたが、そんな感じの僕なので、マラソンを最初から最後までTV観戦するなんてありえないのですが、、、
今日の名古屋国際女子マラソンはスタートからTVかじり付きでした。



お目当ては、追い詰められた高橋尚子がどんなパフォーマンスをするのか、、も当然あったのですが、

それ以上に中学の同級生、坂本直子選手の走りを見たかったから。
前大会に続いて五輪の切符を手にするのか、を注目していたからです。



忘れもしない4年前、何気なくTVをつけると聞いたことのある名前が何度も呼ばれている。
それはアテネ五輪の選考レース、大阪国際。
もしや、と思い選手の顔をよく見てみると、喋ったことはないけどいつも市や県の陸上大会で表彰されていた坂本さんじゃありませんかっ。

そのまま彼女はスパートをかけて、独走。優勝。そして五輪に出場!!

ゴールの瞬間、うれしさと興奮により心臓バクバクでガッツポーズをしたことを覚えています。(と同時に、「なぜ友達になっておかなかったんだ、おれ!」と後悔w)


あのとき走っていた人が、その後も走り続けていたということ、そして世界に羽ばたいていく様を目撃し、感動しました。
そして、世界に羽ばたく同級生がいる一方で、当時就活もせずに先の見えない資格試験の勉強の日々を送っていた自分。
「何やってんだ、おれ」という気持ちに胸を締め付けられました。


そして今回、

結果は、Qちゃんは惨敗、坂本選手は10位でした。
優勝したのは初マラソンで、坂本選手の天満屋の後輩の中村選手。

「勝負の世界の厳しさ」とかそんなある意味薄っぺらいものではなくて、
なんか色々考えさせられる結果でした。




で、終わろうと思ったんですが、この記事書きながら、こんな思いがムクムクとわいてきました。


「高橋尚子は逆風の中走り続けてきた。よく頑張った!」

「坂本直子だって怪我に泣かされながらも走り続けてきた。よく頑張った!」

そして、
「おれも実はこの4年間“走って”いたんだ!よく頑張った!」



どうやら、4年ぶりに見る同級生の走りに、この4年間の自分の軌跡を重ねていたようです。


坂本さん、これからもいろんな人たちの思いをのせて走ってください。
これからも“心の友”(←かなり片想いw)はあなたを応援しています(笑)



今回は、ちょっと青春チックなタイトルにしてみました。
内容も青春チックにチグハグしています。(←言い訳)



posted by keisuke at 22:27| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

兄の結婚

先週の話ですが、兄が結婚しました。

社内恋愛、5歳年下のお嫁さん、富士山の頂上でプロポーズと、なにやらオシャレなゴールインでした。



兄弟の結婚って、人それぞれ感じ方が違うと思うのですが、僕の場合は心から祝福する気持ちの一方で、ちと寂しさがありました。


こんな風に思いました、

(うちの父母、兄、僕を“第一次××家”として)
「あぁ、第一次××家はこれで解散なのか。兄貴は第二次××家を作り、自分もいつか別の第二次××家を作る、、みんな別々の道を歩むんだな。」


小学校を卒業して、一番仲のよかった友達と別々の中学にいくときのような、そんな気持ちに近いかもしれない。


僕が大学進学で上京したときから別々に暮らし始め、言うなれば既に別々の道を歩み始めていたわけですが、いまさらそんな気持ちになるのは不思議ですね。


と、こんなことを書いたら祝福していないように受け取られかねないので断っておきますが、僕はめちゃめちゃCelebrateしてますので。

「甥っ子や姪っ子はメッチャメッチャかわいい!」とみんなが言うので、ひそかに楽しみにしてますし♪
そして何より、両親が喜んでいるのがうれしいですね。



というわけで、一生に一度(しかないはずw)の兄弟の結婚の記念に、弟の赤裸々な気持ちを記してみました。

兄弟姉妹の結婚のときって、みんな同じような気持ちを抱くのでしょうか???



P.S. 結婚式は大盛り上がりで、かなり楽しいものでした。やっぱり結婚式は楽しいほうがいいね。
posted by keisuke at 23:39| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

『男子をドキッとさせる仕草ランキング』

ご存知の方も多いかもしれませんが、「All About」というサイトがお気に入りです。

どんなサイトかを一言で言えば、「その道のプロが我々に向けうんちくをたれる」というものです。

ただし“プロ”と言っても、評論家がえらそうに机上の空論を述べるのではなく、実務家が活きた情報・意見を提供しているので説得力&信憑性があります。

現に、コンサル業界のトピックをいつも読んでいるのですが、ちゃんと現場を知っている人間が書いているな、という印象です。



で、興味深いトピックがあったのでご紹介。
男性も女性も必見!?



<男子をドキッとさせる仕草ランキング>

1 足を組み変える
2 髪をかきあげる
3 上目遣いでこちらを見る
4 結んでいた髪を下ろす
5 ネクタイを直してくれる
6 歩いているとき、男性の服のすそをつかむ
7 服についたゴミなどをとってくれる
8 別れ際に手を振る
9 目をとじる
10 髪を結ぶ


詳細は:http://allabout.co.jp/fashion/posing/closeup/CU20080128A/index.htm?FM=rss


さて、男性諸君はどんな感想を持ったでしょうか?
このランキングを見ての僕の感想は、


「うん、うん!!わかるわかる!!」



「男ってほんま単純やな。。。みんなツボ一緒やんけ。。。」


個人的にベスト3を挙げるなら、
3,5,6でしょうか。
さぁ、これを読んだ男性諸君もベスト3をあげよう!!

女性の意見も聞いてみたい!



ちなみにこのトピックは、「魅せ方美人で印象度アップ!」という"高尚な"テーマのもと集計されたものです。
posted by keisuke at 01:08| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

友人の結婚式(※Van仲間は必読!)

最近まわりが結婚ムードに包まれております。
いわゆる「ラッシュ」の予感です。


更新が遅れてしまいましたが、2/2にバンクーバー留学時代のホームステイ仲間(新郎)が結婚しました。


新婦のお父さんはなかなかの頑固親父系だと聞いていましたが、当日はバージンロードでお父さんボロ泣きでした。
顔はくしゃくしゃで、肩をヒックヒックいわせていました。


扉が開いた瞬間からお父さん超ボロ泣きだったもんで、最初少々ウケてしまったんですが、(←ゴメンナサイ)
そこまで愛情を注いで育ててきたのだと思うと胸が熱くなりました。


タケちゃん・文代さん、お幸せに〜。




本人の了承を得ておりますので、写真をUPしま〜す。

takewedding.JPG
posted by keisuke at 23:22| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする