2006年02月26日

バンガロール 〜ITPLに行ってみた〜

※旅行中、コメントに対して返事を書いていません。
まことに申し訳ないっす。でもちゃんと見ていますので。

また、こんな写真のせろ!みたいな希望があったらお寄せ下さい☆


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

てなわけで、ITPLを目指すことにした。


ガイドブックに載っていないため、観光局みたいなところに行って聞いてみたら、バスで1時間ほどかかる、とのこと。

うーーむ、ここまできたら行くしかないよな。



バスステーションでローカルバスに乗り込む。インド人率99%。刺さるような注目を浴びる。


てゆーか、一般のインド人はまだまだ外国人慣れしてません。

デリーやムンバイのような大都市にしても、ジロジロ見られますもん。

まだまだ「国際都市」の道は遠いですね。




激しい揺れと土ぼこりの中1時間経過、なんかそれっぽいエリアにやってきた。

だだっ広い敷地に、インドにしてはキレイで、近代的な建物がちらほら。

建設中のものも結構ある。



「終点、ITPLだ〜」

みたいな声が聞こえてきた。やっぱりここらしい。




バス停を降りると、


oracle.JPG

でーーん、とオラクル登場。イイ感じイイ感じ♪




しばらく歩くと



ibm.JPG
なるほどなるほど。




「ITPL 1キロ先」の看板を発見、あ、ITPLって建物の名前なのね?





dell.JPG

こんなただの道を1キロ歩く。

途中で果物売りや、物乞いに遭遇。これでいいのか、“シリコンバレー”の中心地!!!!




と、すると






itpl.JPG

おお、これかっ!!!!

「International Tech Park」、あれ?ITPLの“L”は何だったんだろう?まあ、いいや。





itpl2.JPG



itpl3.JPG



これは抜群にキレイな建物でした。

警備も厳重、中に入れてもらえませんでした。


が、警備員のおじさんの話によると、この中に60社近くのソフトウェア会社が入っているそうです。


あいにく日曜日だったため、働いている人を見かけることはありませんでしたが、平日はお金持ちそうなインド人技術者がたくさんいるんやろなーー。




と、こんな感じです。

ビルがボンボン立ってる、という事前のイメージは大はずれでしたが、ほんの少しシリコンバレーの片鱗を見た気がします。


そりゃそうですよね、なんだかんだでインドだし、、、って思ってしまった僕でした。



posted by keisuke at 21:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インド旅行2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック