2009年10月19日

いまさら「おくりびと」

録画していた「おくりびと」をやっと観ることができました。


いろいろ考えさせられることが多かったのですが、とりあえず自分が死んだときは安物の棺おけでいいから、映画の中であったように綺麗に化粧してもらって、丁重に扱ってもらって送り出されたいなぁ、と思いました。



一言で映画の感想を述べるなら、「美しい」でしょうか。


もっくんの身のこなし、美しかった。

妻役の広末涼子、特に銭湯上がり姿、美しかった。ムフ。

そして、作品中の納棺師(山崎努&もっくん)のプロフェッショナリズム、、、これまた美しいんです。


あ、忘れそうになったけど、庄内の景色とチェロの音色も美しいですねぇ。



まだ観てない人にはぜひおすすめしたいです。




おくりびと [DVD]

posted by keisuke at 23:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130701219
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック